最新記事

目黒の不動産とは民法上に用いられる概念・用語で大まかなにいうと土地とその土地についている定着物、あるいはそれに付随する物権を含むものをいいます。
日本では、土地及びその定着物のことをいい、目黒の不動産の法的根拠はなく日本の場合は、建物それ自体が土地とは別個の不動産として扱われます。
また、本来、不動産でなくとも行政上の事情などで、船舶、航空機、車、鉱業権、なども法律に準じて不動産として扱われることもあります。
このほかにも日本では、特別な法律により、立ち木・特殊財団も一個の不動産として扱われることもあります。
ここでは不動産=固定資産ではないことに注意が必要です。
このように日本での不動産の異議は諸外国とは違うことに気をつけましょう。

大規模修繕

オーナー様の代わりに賃貸管理(東京)

山形県米沢市の注文住宅